詐欺にあったような気持ちになりました
これらの書き込みはユーザーの主観的なもので、客観性・妥当性を保証するものではありません。
問題のある内容の書き込みを見つけたときはお手数ですがお問い合わせフォームよりご連絡ください。
三浦    ( 三浦博之司法書士事務所  -  高知県 高知市 返信数:0
家の売買や名義変更、登記等を依頼するため、三浦司法書士事務所を訪ねました。

正式に依頼するまでに二度、事務所へ足を運び、登記簿の他、固定資産税表や土地評価額等の資料をお渡しし、それを元に見積りをお願いしました。

「これが⚪︎万円、これが⚪︎万円、、、印紙代も含め合計26万円ですね」と言いながら、一つ一つの金額を手書きで書き、合計26と書かれました。

全ての手続きが終わり、三浦先生立会いのもと、双方がサインをする段階になり、「手数料は合計32万円です」と言われました。

「見積り26万円」との差異について尋ねたら、「印紙代(税額)は終わるまでわかりません」と。
私が、「印紙代も含めた見積りで確認しました。」と抗議すると、「終わるまでわからない印紙代もある。」との開き直りのような返答。(後で調べたら税率表はネット公開されていました)

「手書きですが26万円の見積書があります」
「26万円で依頼したのにおかしい」
と抗議をしたところ、
「手書きの見積書は正式じゃないから有効ではない」
「32万円が嫌なら全部やめましょう。」
「今から別の司法書士を探して初めからやり直してもらったらどうですか?」
と電話越しに怒鳴られました。

しかし親の体力的にそれからやり直すことはリスクが高すぎました。そしてその事情を三浦司法書士はご存知でした。
そのそのリスクと6万円を天秤にかけると、6万円余分に払うしかありませんでした。

司法書士の先生は、弁護士や税理士の先生方と同じく高貴で誠実な方ばかりだと信じておりましたが、他の職業と同じく、そうでない方もいらっしゃるようです。

皆さんも司法書士事務所へ依頼するときは、何件から(手書きではない)正式な見積書をとられることを強くお勧めします。

2018-05-08 07:05    ID:97d7de89
 

返信を投稿する

年齢
性別
ニックネーム
メールアドレス
本文
 
 
見たい!聞きたい!教えたい!キレイなあの人の美容法 プロも参加する美容webサークル女美会
モバイル版
 

モバイルサイト
おすすめPRリンク